色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

仮想通貨投資初心者が絶対に知っておくべきこと

先日の大暴落、慣れている人には「また来た」「チャンス」と買い増すのに対して、慣れていない人には心臓に悪く、狼狽売りから大きく損失を出してしまった人もいたようです。

仮想通貨投資を始めたばかりの人、これから始める人が必ず知っておかなければいけないことはこの値動きの激しさです。株式投資では考えられない激しい動きをします。

まず2017年の1年間にどういった値動きをしたかをきっちり踏まえ、歴史に学んで自身の投資に生かすことが仮想通貨への理解と同じくらい重要です。

アルトコインの価格はビットコインの動きに左右される

仮想通貨全体のこうした値動きはビットコインの値動きに左右されます。

これまでもビットコインが暴落すればすべての仮想通貨が暴落してきました。

そこで、まずはビットコインの価格変動をおさらいしてみます。

暴落幅は30%~40%

2017年は1月、3月、7月、9月、11月に暴落があり、そして今回2018年1月の暴落が来ました。こうして見てみると暴落するのが当たり前になっていますね。

そして高騰するたびにバブルだと言われ、崩壊するたびにもう終わりだと言われてきましたが、そのたびに値を戻して最高値を更新してきています。

チャートをログスケールで見る

今回の価格変動は金額的には非常に大きい印象ですが、%でいうと大きめですがこれまで何度もあった暴落と比べて特別大きいわけではありません。

通常のチャートとログスケールのチャートを見比べてみましょう。

通常

このグラフで見ると12月の変動が特別大きく見えます。

ところがログスケールで見ると下の通り。

ログスケール

Tradingview.com

今回の暴落も今まで何度もあった暴落と同じ規模

ログスケールのグラフを見ると1年を通してコンスタントに上げ下げを繰り返しているのが見て取れます。下げ幅も大きいときで大体30%~40%。今回の下げも完全にいつもどおり、予想の範囲内と言えます。

特に仮想通貨を始めたばかりの方はこうした見方を知っておくと狼狽せずに冷静に対処することができます。以前から仮想通貨に親しんでいる人の大半は、暴落はむしろ資産を増やすチャンスととらえているのがわかると思います。

印をつけて、アルトコインの爆上げのあった時期も加えてみます。

こうしてみると年末の上げが明らかに異常なペースでしたね。200万円超えはいくらなんでも高騰し過ぎ感がありました。今下げてきた価格は1年の値動きを通してみるとそれほど悪くはなさそうに見えます。

というよりは年末にあまりにも不自然に急騰したと言ってもよいかもしれませんね。

これにはいろいろな思惑も絡んでいるように思います。これについてはあとで書きます。

さて、このあとどうなると考えますか?

市場規模が小さいので簡単に価格操作できてしまう

仮想通貨市場が急速に拡大したとはいえまだまだ全然小さな規模です。クレディ・スイスによると4%の人間がビットコインの97%を所有しているとのことです。

仮想通貨とブロックチェーンに関する幅広い分析の中で、クレディ・スイスはビットコインにおける富の集中について解説した。「ビットコインの97%は、4%...

これが意味することはたくさんあります。

この記事の中で特に注目したいのが次の文です。

「ビットコイン、そして他の仮想通貨の大部分は、明らかに金などの貴重な資産と同じように保有されている。仮想通貨の流動性、有用性は極めて制限されている」

彼ら大口所有者が何を望んでいるのか、それを考えることは今後の仮想通貨の未来を考えるのに大きなヒントとなるでしょう。

大口所有者が動けば価格はいとも簡単に変動します。機関投資家が参入してくればますます変動が激しくなるでしょう。

そして彼らはもちろん、ビットコインの価格が長期的にさらに上昇していくことを望んでいます。

目先の価格にとらわれず長期的な視点を

上昇相場でもうかるのはごく一部の人間だけ、と言います。多くの人が価格が上がっているからと買いに走り、高値で掴んで暴落に動転してたたき売りして損失を出してしまいます。

仮想通貨のポテンシャルを信じている人はひたすらホールドで特に下げたときに買いますのみ、1円も売らないという人がたくさんいます。そして結果的に大きなリターンを得ています。

大切なのは、仮想通貨を自身がどう評価するのか。

今後さらなる発展が期待できる成長産業なのか、投機熱ばかりが先行して中身の伴わないお祭り騒ぎなのか。まずはそのスタンスを明確にすることが大切です。

価格のつり上げ、煽りと売り浴びせ

かなりうがった見方になりますが、今回の年末の異常な高騰ぶりと1月16日からの大暴落はかなり操作されているように思ってしまいます。

まず年末の仮想通貨人気の大爆発。新規参入者が増えすぎて最大手取引所が次々に悲鳴をあげ、新規登録を停止したほどです。ここに便乗して機関投資家がどんどん買いに入って価格をつり上げていったのではないかと疑ってしまいます。

特に12月、1万$を超えて止まるところを知らず一気に2万$に迫ろうかというところまで一気に上がったのは明らかに異常でした。まさにバブルです。ここで売り浴びせて暴落させ、半額セールで買い漁る。大口投資家ならそういうことがいとも簡単にできてしまう市場です。

逆に言えば彼らの思考パターンで投資すれば非常に有利になるとも言えるでしょう。

自分の立場ではなく、大口所有者、大口投資家になったつもりで考えてみるのです。

彼らは目の前の価格の変動に一喜一憂することはありません。価格をつくる側ですから。

仮想通貨に投資するならそのくらい思っておいた方がよいでしょう。

ITバブルと仮想通貨バブル

少し違う観点から見てみます。

以前に南海バブル、ミシシッピバブルの紹介をしましたが、これらと仮想通貨が決定的に違うのは、仮想通貨の仕組みは非常に優れた技術で今後間違いなく発展していくということです。ただし、適正価格は誰にもわかりません。今既にもう高すぎるのか、いやいやこんなものじゃない、まだまだ安いのか。その意味ではITバブルに近いのかなと感じています。

そこでナスダックを見てみましょう。こちらは通常の。真ん中の大きな山がITバブルとその崩壊です。

そしてこちらがログスケールで表したもの。

非常にきれいに直線的に上がっているのがわかります。つまり、一定の成長率で成長しているということになります。そして、明らかに上に飛び出ている部分がITバブル。期待値が先行しすぎて価格が高騰し過ぎた結果バブル崩壊、元の水準に戻るまで実に15年もかかっています。

これに対してサブプライムローンでは下落はしているものの回復も早く、2年で戻しています。

仮想通貨はまだまだ発展途上、まともに機能するプロダクトはなく、どれも開発中です。しかし投機熱ばかりが高まって価格の高騰の方が肝心の技術よりも注目を集めてしまっています。

ということは?

過剰な期待感から価格が現在価値を大きく上回ってしまう場合、ITバブル同様に今までにない超絶暴落が起こる可能性があります。それが起きるのか、起きないのか、こればかりは誰にもわかりません。まだもうしばらくは起きないと思いますが、世界経済の動向次第ではどうなるかわかりません。

私たちにできることは、どっちに転んでもいいように両方のシナリオを描いて適切に対処することです。どちらか一方にかけるのはあまりに危険です。大暴落してもよし、しなくてもよし、そういう立ち位置に立つのが得策です。

通貨危機とビットコイン

今やだれでも簡単に通貨を発行できることがわかってしまいました。そしてそれに価値がついて流通しています。各国の通貨の権威が絶対的な地位から引きずり降ろされてしまったと言ってもよいでしょう。法定通貨への信頼は今後ますます揺らいでいきます。ましてやサブプライムローン後の量的緩和により、各国でじゃぶじゃぶに紙幣を発行、通貨供給量が一気に4倍にもなっているのです。

ベネズエラやジンバブエのように自国通貨が信用を失った場合、人々はどうするか?

自国通貨もダメ、米ドルも怪しいとなれば資産保全の為に金を買うかもしれない。仮想通貨を買うかもしれない。仮想通貨の中で価値の保存機能が高いものは何か?そうしたものにお金が集まれば価格は一気に高騰します。昨年ジンバブエでは他の国に比べてビットコインに倍近い値段がついていました。

この視点も非常に大切になってきます。

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする