色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

ICO参加に必須のイーサリアムのウォレット作成 My Ether Wallet

ICOに参加する際には多くの場合イーサリアムのウォレットが必要になります。

ここではMyEtherWalletの作成方法と使い方を紹介します。

MyEtherWalletとは

MyEtherWalletは、イーサリアムだけでなく他の暗号通貨も保管できる便利なWalletです。

特にICOでは取引所から送金することはできません、必ず自分のWalletから送金する必要があり、多くの場合このMyEtherWalletからの入金を推奨しています。

ICOとは、新規未公開暗号通貨の上場前プレセールです。トークンセールとも呼ばれています。ここで購入したトークンが後に高騰するケースも多い反面、資金集めが目的の詐欺案件にあふれているのも実情です。ICOについては信頼性が高く有力な案件を厳選して随時紹介していきますのでブログ購読していただければタイムリーに情報を得ることができます。

主に次のことができます。

・ETHの入出金と保管

・ICOトークンへの参加とトークンの受け取り

・ビットコインとの両替

・他のアルトコインの保管

作成方法

ウォレットの作成自体はとても簡単です。ただし、パスワード、秘密鍵(プライベートキー)は厳重に保管する必要があります。もし失ってしまった場合、二度とアクセスできなくなる危険性もあります。

ホリエモンもイーサリアムを1万円分買った後に秘密鍵を忘れてしまい、その後の高騰で500万円になったはいいけれども永遠に取り出せなくなってしまったそうです。ちなみにホリエモンにすすめられて20万円分買ったある方も秘密鍵を紛失して1億円をフイにしてしまったとか。

MyEtherWalletのサイトは https://www.myetherwallet.com/  で、このサイトからWalletを作成することもできるのですが、セキュリティの面からはMyEtherWalletのファイルをダウンロードして使用する方法をお勧めします。ブラウザで作動します。

 

1.まずGitHubのサイト https://github.com/kvhnuke/etherwallet でファイルをダウンロードします。

このWalletに限った話ではありませんが、もし検索から行く場合は、検索結果よりも上に出ている広告が本物に似せて作られた詐欺サイトだったりするので、これに限らずくれぐれも気をつけてください。

サイトにいったら必ずアドレスバーの、インターネットアドレスの左側に緑色の文字で

GitHub, Inc [US] | https:// 

とあるのを確認します。 そして念を入れるためにはサイトURLの文字列が全て正しいかを確認します。上記のように表記されているURLとリンク先のURLが同一とは限りませんし、1文字だけ変えてパッと見では分からないようなサイトもあります。このように何かサイトを開いた時には必ずそれが本物かどうかを確認する癖をつけるといいですね。

 

さて、無事にGitHubのサイトにアクセスしたところで、ページ右側の Clone or download > Download ZIP とクリックしてZipファイルをダウンロードします。

 

Zipファイルを展開したら etherwallet-mercury というフォルダができるので,

その中 dist の中の index.html を開きます。

 

2 言語を日本語に変更

 

3 パスワードを設定してお財布の作成をクリック

安全なパスワードにするため、数字、文字、記号をランダムに組み合わせたものがよいです。

パスワード作成はこちらでもできます。

 

4 Keystore/JSONをダウンロード

 

5 秘密鍵のダウンロード

この秘密鍵だけでWallet にアクセスできてしまうので盗難には厳重注意が必要です。Walletの中味を確認する時は秘密鍵は使わずに Keystoreファイルとパスワードで開けたほうが安全です。されにセキュリティーを強固にしたい場合は Trezorのようなハードウォレットを使います。

 

印刷して紙でも保管しておいた方がよいです。

 

以上で完了です。

注意書き

MyEtherWalletはカギを保有しないのであなたのアカウントにアクセスも鍵のリカバリーも出入金の取り消しもできません。

あなたの鍵を守り、常に正しいURLにいるか確認してください。←フィッシングサイトなどに注意と言うこと。セキュリティ管理は自己責任です。

MyEtherWalletでできること

お財布情報を見る

メニューの中の「お財布情報を見る」→ Keystore ファイル(UTC / JSON) → ファイルを選択して Keystoreのパスワードを入力

 

この画面で見られます

ETHの出金

トークンの送出 → Keystore ファイル(UTC / JSON) → ファイルを選択して Keystoreのパスワードを入力 するとこの画面になります。

宛先アドレスと送出量を入力します。

ガスリミットは送出手数料で、自動で計算されます。ただし、ICOによってはガスリミットを指定しているところもあるのでその場合は指示通りに行います。Stratusの場合は、ガスリミット200,000、ガス価格は50Gweiの指示がありました。

ガス価格の変更は上部のメニューからできます。

すべて終えたらトランザクションを生成、送出します。

ETHの入金

自分のアドレス宛てに送金してもらうだけです。

ICOトークンの受け取り

ICOに参加してトークン購入した場合にはその受け取りができます。トークン運営会社からの指示通りに設定をします。

通貨の両替

ビットコインとの両替もできるようです。

最後に

ハッキングや秘密鍵の紛失には最大の注意を払う必要があります。

Keystore/JSONとそのパスワード、秘密鍵は厳重に保管しておきましょう。

( 執筆者: 新谷健@ドイツでフリーライフ )

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする