色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

日本円から仮想通貨を安く買う方法

みなさんビットコインやアルトコインはどのようにして購入していますか?

日本円で仮想通貨を買うときに意外と割高に購入してしまっている人も多いかと思います。

これは韓国、日本、欧米の価格比較グラフです。

ビットコイン相場.comより

韓国がとびぬけて高いのは国が仮想通貨を禁止するというニュースのためです。日本は青い線で赤い線の欧米よりも約2000ドルも高くなっています。

円をドルに換えるときにも通常数%の為替手数料を取られてしまいます。

これらのコストを可能な限り抑えることで数%割安に購入できる方法を紹介します。

取引所によって価格がこんなに違う!

ビットコインの価格は取引所によってかなり違います。

Coinmarketcap.comでパッと比べてみると(日本時間2017年12月28日5時30分)

BTC/円ではこのように。

日本の取引所はドル換算で$15,373.10~15,420.80と最大0.3%の開きですね。

Coincheckは同時に調べたところ板で最安値が¥174,000=$153,63.76でした。

ところが海外取引所ではもう少し安い価格で取引されています。

ドルだと

最安のBitstampでは$14,765.40ですから$598.36=¥67774.68の価格差、日本の取引所で買うと4%以上高いということになります。

ちなみにユーロだと

一番安いBitstampの$14,818.80は日本の最安値$15,373.10よりも3.6%安いことになります。

この差はもっと大きいときもあります。大体平均して3%前後は常に日本の取引所が高い状態で推移していますが、特に大きく変動しているときは5%~8%も違うこともあってびっくりします。この価格差をもとに売買して利益を出すアービトラージを行っている人もかなりの数いるほどです。

この価格差はぜひ下記リンクで自身で確かめてみてください。

Pairをクリックすると取引ペア順に並べ替えされて表示されるのでBTC/JPYとBTC/USDを見比べると同時刻にどれだけの差があるのかがわかります。

4%のリターンを得るということ

4%から8%のリターンを投資で出すことを考えてみてください。

普通は1年間投資して5%とか出ればまずまず、8%も出たら好成績ですよね。4%安く買うということは購入時点、スタートから既にアドバンテージを得ている、逆に言えば4%高く買うということはスタート時点から4%のマイナスから始まっていると考えてみてください。

この数値はあなどれません。時によっては7%、8%の開きがあることも珍しくはありません。

そこで、どうやったら割高に買わないで済むか、に知恵を絞ることになります。

結果、現在のところこの組み合わせが最良ではないかという結論に達しました。

仮想通貨を賢く安く買う最良の組み合わせ

※1月2日改訂

ずばり結論から言います。

Yahoo!JapanFXで両替×HitBTC, Bitstampへの送金

です。ただし、ある程度まとまった金額を送金する場合に限ります。銀行からの海外送金では、通常次の手数料がかかります。

1 為替手数料 数%

2 送金手数料 数千円

円から外貨に両替すると為替手数料を数%取られますが、これが結構馬鹿になりません。

これを抑える方法があります。

Yahoo!JapanなどのFX口座を利用するとこの為替手数料が嘘みたいに安く、ほぼタダ同然で両替ができます。FXと言ってもレバレッジをかけずにドルを買うだけです。

両替した外貨を送金できる銀行口座も必要になるので結構手間はかかってしまいますが、まとまった金額の場合、大きいですね。

ただし、仮想通貨関連口座への送金サービスを行わない銀行もあります。この方法が有効なのは、まずお使いの銀行が海外への外貨送金、しかも仮想通貨取引所の口座への送金を受け付けていることが条件になります。

また、Transferwiseは海外送金には最も便利で安いのですが、仮想通貨関係の口座への振り込みはNGでした。

クレジットカードでの入金

あまりそうしたことを気にしない場合はクレジットカードで簡単入金することもできます。ただし、費用はそれなりにかかってしまいます。

ドル、ユーロの入金が可能な海外取引所

口座登録 https://hitbtc.com

HitBTCは2013年からある取引所で取引手数料が0.1%と安く、さらに指値(Limit)では0.01%にあたるBTCバックされます。

本人認証することでドル、ユーロ入金が可能になります。

詳しくはこちらをご覧ください。

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

Bitstampはフィアット通貨(米ドル、ユーロ)の入金が可能なので、ビットコインやアルトコインをここで割安に買うことができます。BittrexやBinanceはフィアット通貨の入金はできないのでこの方法は使えません。

※Bitstampはフィアット通貨を扱うため、まず本人認証をきっちり行う必要があります。

仮想通貨購入に限らず海外送金の際には非常に便利なので私もよく使っています。

Bitstampはこちらからアカウントをつくってすぐに本人認証まで行います。本人認証には2週間はかかると思っておいた方がよいでしょう。  https://www.bitstamp.net/

Bitstampのアカウント開設と本人認証はこちらに解説しましたので参照ください。

日本円から安く仮想通貨購入する Bitstampの口座開設方法
Bitstampのアカウント開設と本人認証の方法について解説します。 なぜBitstampを使うのかというとBitstampなら日本円から仮想通貨を安く買えるからです。

この方法がおすすめなのは、ビットコインの送金手数料が高騰して、もはやビットコインの送金を行うことは不可能とは言わないまでもばかばかしくなってしまったからです。

ビットコイン送金手数料の高騰と送金遅延、どうやって送金する?

ビットコインの送金手数料が12月からとんでもなく高く、かつ遅くなっています。

もはやビットコイン送金はしないにこしたことはありません。

以下の方法は使えない(ハードウォレットに入れている)人もいますが、多くの人には有効です。

使える場合:取引所間の送金

使えない場合:アルトコインとの両替が瞬時にできないウォレットへの送金(ハードウォレット、ペーパーウォレットなど)

1 BTCをDASHやLTC、BCHなど送金コストが安くて短時間に着金するものに換えて送金します。

2 着金後すぐにBTCに換えます。送金・着金の時差が短ければ、よほどの大暴落、大暴騰のまっただなかでない限り価格変動の影響はほとんどうけずにすむはずです。そのためにも送金時間が短いアルトコインを選ばなくてはいけません。

自分の持つ取引所のウォレット同士の送金ならこれで問題ないでしょう。

人に送金する場合には、相手が着金後にすぐにBTCに換えなくてはいけないのでちょっと現実的ではないですが、「今送るよ」「OK」「着いた、BTCに換えるね」などとリアルタイムでコミュニケーションしない限り無理なので非現実的ではあります。あくまで個人の資金移動用と言うことで試してもらえればと思います。

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする