色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

ビットコインとバブル vol. 3 仮説~ビットコインが不便なのは戦略的意図?

前回まではバブルについて、現実世界での高級車や金、高価な美術品から年収まで、価値と価格の関係という観点で考えてきました。

あんまり長くなると読んでもらえなくなるのと私も早く先を書きたいので、ここでずばり結論というか、かなり大胆な仮説を立ててみます。あるいは邪推とも言います・・・

1 ビットコインがこれほど不便になってもアップデートしないのには戦略的な意図がある。

2 ビットコインは初期の目的を完全に果たし、次の目的に向かっている。

3 ビットコインの第一目的は世界中に広がる後発のアルトコイン開発者たちが引き継ぐ。

4 ビットコインは他の無数のアルトコインと差別化して超越的な孤高の地位を目指す

5 ビットコインは不便だからこそ価値を保てる。

6 ビットコインはなくなるどころかさらに価値を増す(価格上昇)。

7 アルトコインは淘汰されていくが残るものは大きく価値を上げる。

8 現時点で出回っている仮想通貨とは違うタイプのコインが広く実社会で使われるようになっていく。

大体言いたいことは予測できるかもしれませんが、これから数回に分けて、丁寧に説明をしていきたいと思います。

その前に、前回、前々回の内容はこちらです。

仮説の前提として踏まえておきたいこと

ビットコインとバブルについて

ビットコインとバブル vol. 1 仮想通貨は世界を変える技術? それとも投機対象の1つ?
ビットコインと仮想通貨の未来に関する私見。 仮想通貨は未来を変えるのか?単なる投機対象なのか?

価値と価格について

ビットコインとバブル vol. 2 仮想通貨の価値と価格の関係について
このシリーズではビットコインとバブル、そして仮想通貨の未来について考えていきます。 過去の歴史的なバブル、価値と価格の関係に注目して仮想通貨の今後の動きについて

今までに書いた中のざっくり大事な点は、

・価値と価格はイコールではない。

・何に対して価格がつくのかという観点

・機能が優れていることと価格が高いことはイコールではない

・不便でも価格が高いものがある

・人は夢と希望を買う

・資産を守る、増やすものに高い価格が付きやすい

そして、

1 仮想通貨は貨幣経済の再発明、経済の新たな基盤となる可能性のある偉大な発明であり、計り知れない価値があること。

2 この可能性に夢と期待が集まり、価格が高騰したという一面と、価格高騰自体が魅力としてさらなる高騰を引き起こしていること。

3 ただし、この価格は適正かどうかまったくわからないこと。つまり、これからさらに上がるかもしれないし、下がるかもしれない。

4 バブルはいずれはじけること。それは突然やってくるがいつかは予測できないこと。

これらを踏まえて、なぜ冒頭の仮説を考えたのかについて説明を試みます。

ビットコインがこれほど不便になってもアップデートしないのには戦略的な意図がある。

マイナーの思惑、開発者の思惑など政治的な要因、影響が大きいことはもちろんあるでしょう。しかし、ビットコインが使い物にならなくなり、無価値になってしまっては誰もが困るはず。

「今の状況は危機的な状況。このままではビットコインは終わってしまう・・・」

「50ドルを送金するのに送金手数料が80ドルかかる?!誰もそんな通貨は使わないだろ。」

そう考えるのがまっとうな、常識ある人間でしょう。しかし、本当にそうなのでしょうか?

私は実は、ビットコインは意図的にアップデートしないでいると考えても理に適うな、むしろベターな戦略かもしれないと思うようになりました。

「ビットコイン・ジーザス」と呼ばれるロジャー・ヴァー氏は、技術的に解決できるのに動こうとしないビットコインコアの人々に対して怒りと失望を感じてビットコインキャッシュにシフトしましたが、仮想通貨全体のことを考える視点に立った場合には、また違う考え方も可能なのです。

常識の眼鏡をはずす。視点を高く、全体を俯瞰してみる。

未来は過去から現在の延長線上にあるとは限りません。未来は我々の常識の外にあります。

大多数の人間は、過去から現在までの、しかも自分が知りうる範囲内でものを考えます。それが常識です。

ビットコイン誕生前と誕生後で、一部の人にとって見える未来はまったく変わったはずです。

今まで想像もしていなかった未来がまず一部の人に見えるようになり、数年から数十年遅れて一般の人にも見えるようになってきます。

視点を「ビットコイン」から「仮想通貨全体」に、さらには「世界経済と仮想通貨」に広げて大局的にものを見ていったときにその答えが見えてきます。

価値と価格の不思議 不便でも高価、不便だからこそ高価?

前回、価値と価格について考察してきました。

不便でも高価なものはいくらでもあります。

価格は、多くの人が価値があると信じるものに高値が付きます。

しかも、私は今のビットコインの状況はまったく不便ではないと考えています。理由は後述しますが、ビットコインの役割、立ち位置の変化がその最も大きな理由です。

レジェンドとしてのビットコイン

さらには、ビットコインは、今ビットコインから派生した多くのコインと区別して「レジェンド」と呼ばれることがあります。そう、ビットコインは「レジェンド」なのです。仮想通貨という壮大な世界の創造主です。

このブランド、価値はそう簡単に吹き飛ぶものではないでしょう。ビットコインには既に歴史的偉業を成し遂げた価値、伝説としての価値がついています。それが価格にどう反映されるかは別の問題ですが、存在自体に既に価値があるという考え方ができます。それほどの影響力、存在感を持っています。

サトシ・ナカモトの名前は永遠に歴史に刻まれることになるでしょう。そして彼はもちろんまだ存名のはず。どころか精力的に仮想通貨の発展に携わって開発もしくは次なる創造活動を続けている可能性は大いにあります。

サトシ・ナカモトだったら?

サトシ・ナカモトは、ビットコイン・仮想通貨の現状を見て何を考え、彼の夢見た世界の実現に向けてどのような手を打つのでしょうか。想像してみませんか?

機能としてはビットコインよりもはるかに優れた後発のアルトコインが次から次へと世に出てきています。そうした現状の中でビットコインの果たすべき役割とはいったい何なのでしょうか?

サトシ・ナカモトはその点をまず考えるでしょう。

そしてビットコインのコアグループにいまだ強い影響力を保ち続けている可能性も大いにあります。

そんな思いをめぐらせて仮説を立ててみました。

ビットコインの戦略的意図の詳細(あくまで憶測です)については

4 ビットコインは他の無数のアルトコインと差別化して超越的な孤高の地位を目指す

5 ビットコインは不便だからこそ価値を保てる。

で触れます。

ビットコインは初期の目的を完全に果たし、次の目的に向かっている。

そう、サトシ・ナカモトが目指した世界は着実に産声をあげ、すさまじい勢いで発展しています。開発スピードが追い付いていませんが、もう後戻りすることはないでしょう。

たった1本の短い論文によって革命の狼煙はあがり、世界中でそれに呼応して炎は広がり、もはや誰も止めることはできない勢いで世界経済の中で大きな位置を占めるまでになりました。その意味で彼の一番の目的は達したと言えます。

ここが重要なところです。

ビットコインの役割はその第一幕を終えたのです。その象徴的な出来事が12月20日のビットコインキャッシュの大暴騰とビットコインの暴落でした。すぐに反落、反発したので一瞬の出来事ではありましたが、その意味は大きいと言えます。

繰り返します。

ビットコインはその役割の第一幕を終えました。

その役割というのは、言うまでもなく仮想通貨というまったく新しい経済の創造と基盤づくりです。ここまで仮想通貨を発展させ、優れた後発のアルトコインと世界中に広がる優れた開発者たちを産み出したことはビットコインの最大の功績です。

しかし、ビットコイン自体が終わるわけではありません。むしろその逆です。

ビットコインはこれから第二幕の役割を担っていくことになります。

(断定口調で書いていますが、あくまで仮説、憶測です)

ビットコインの第一目的は世界中に広がる後発のアルトコイン開発者たちが引き継ぐ。

このあとの技術的な発展と実用化は、後発の優れたアルトコインにはビットコインはかないません。むしろその役割はアルトコインにバトンタッチされて引き継がれていくことになるでしょうし、その方がより仮想通貨の発展にプラスになります。

自由な通貨、貨幣経済をビットコインという1つの仮想通貨が担うというのは実は大いなる矛盾です。多種多様な仮想通貨が利用され、それらの間で自由な価値交換が行われていく、それこそが本来サトシ・ナカモトが目指した世界を実現できる形ではないでしょうか。

だとすれば、ビットコインはその方向に舵を切り始めていてもおかしくありません。

ブロックチェーン技術そのものも改良が進み、新しくIOTAに代表されるDAG技術、さらにはSwirldsのハッシュグラフと進化が加速する一方です。

IoTを支える基幹技術となるか?ブロックチェーンに代わる新技術DAGとは?
DAG(Directed acyclic graph)のしくみ ビットコインの基盤技術であるブロックチェーン技術は大変注目を集めており、今...

ハッシュグラフ~ブロックチェーンに代わる新技術か?
IOTAなど、ブロックチェーンとは別の新しい技術を使った暗号通貨にも注目ですね。 HashGraphという非常に興味深い技術についてまとめてみました。

現在の仮想通貨が抱える問題を解決する新しい技術も次々に生み出されています。

ライトニングネットワークやアトミックスワップにも大きな期待が寄せられています。

こうした技術革新を担っていくのはアルトコインの役割になっていきます。

次回は、続きとして

4 ビットコインは他の無数のアルトコインと差別化して超越的な孤高の地位を目指す

5 ビットコインは不便だからこそ価値を保てる。

について説明していきます。

ビットコインとバブル vol.1 バブルの歴史

ビットコインとバブル vol. 1 仮想通貨は世界を変える技術? それとも投機対象の1つ?
ビットコインと仮想通貨の未来に関する私見。 仮想通貨は未来を変えるのか?単なる投機対象なのか?

ビットコインとバブル vol.2 価値と価格の関係

ビットコインとバブル vol. 2 仮想通貨の価値と価格の関係について
このシリーズではビットコインとバブル、そして仮想通貨の未来について考えていきます。 過去の歴史的なバブル、価値と価格の関係に注目して仮想通貨の今後の動きについて

仮想通貨・インターネットの未来 ブロックチェーンからハッシュグラフへ

ビットコインからハッシュグラフへ 仮想通貨革命
仮想通貨の未来が大きく変わるかもしれません。 以前に紹介したハッシュグラフ 先日、非常にわかりやすい動画がYouTubeにアップされ...

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする