色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

「中国がICOを規制」でどうなる

中国でICOが規制されるというニュースが世界に流れました。

中国、ICOを全面禁止――「金融詐欺、ネズミ講」と強く非難 (Techcrunch Japan)

ビットコイン価格はどうなる

それにより仮想通貨は全面安、ビットコインも2割くらい下げました。が、3日目には復調の兆しすでにかなり戻しています。今回は戻しも早く、むしろ底固い安定性を感じました。

 

 

ビットコインや仮想通貨自体は今回の取り締まりの対象じゃないですし、今回のように2割下げは、今年になってからも何回もありますね。そういう意味ではビットコインの場合2割下げで「大暴落」という言葉は少し大げさに感じてしまいます。「仮想通貨全面安」というほうが正しく伝えているように思います。

どちらにしても中長期的に見る仮想通貨の可能性からすれば、このぐらいの事は全く心配する必要はなく、慌てて売ったりせずに保持しておくのがいいと思います。資金に余裕があれば下がった時は「買い」のチャンスですしね。

ICO規制はプラス?

ICO規制は時間の問題という見方はすでに春頃からありました。中国に限らず今後多くの国でなんらかの規制は行われるようになるでしょう。現状は玲奈さんがまとめてくれています。

・仮想通貨とICOの各国法規制の現状まとめ

上記記事にもありますが、ICO規制はむしろ健全な仮想通貨業界の発展にとってはグッド・ニュースであって、中長期投資をしていればむしろ歓迎すべきことですね。健全化すれば、さらに多くの人が参入しやすくなるので仮想通貨市場はもっと大きく拡大するのではないかと思います。

ICOはイーサリウムを使って行われるものが多いので、ICO規制によりむしろビットコインへの資金流入は増えるかも、と思いましたが、イーサリウムもすでに価格を戻してきていますね。

どちらにしても、いつも言うように基軸通貨であるビットコインを中心に保有して、目の前の上げ下げで一喜一憂せずに今はそのままおいておいて中長期的値上がりを待つのがいいと考えています。

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする