色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

ビットコイン11月のハードフォーク前に絶対に知っておきたいこと

ビットコインは今年に入ってから激動、ビットコインキャッシュが生まれ、ビットコインゴールドが生まれ、またさらに11月に分裂・・・

どうしてこういうことになるのか、難しい説明は一切抜きにしてごくごく簡単にまとめてみました。厳密に言うと正しくないところもありますが、おおむねのイメージとして理解できることを目的としているのでご容赦を。

ビットコインの抱える課題

ビットコインの抱える問題点というか解決すべき課題は多岐にわたっていてここですべては取り上げられないので、今回のハードフォークに関連するものだけ取り出してみます。

ハードフォーク・・・例えばOSのバージョンアップのように仕組みが新しくなるために変更が加えられます。仮想通貨の場合にはその方法が2つあり、旧仕様との互換性があるバージョンアップを「ソフトフォーク」と言い、互換性がないバージョンアップを「ハードフォーク」と言います。
ハードフォークの場合、旧バージョンに加えて新バージョンが誕生することになるため、「分裂」という表現がされています。イーサリアムもかつてハッキングの大問題が生じたときに仕様変更を行って分裂、新仕様のイーサリアムと旧仕様のイーサリアムクラシックの2つが存在しています。

ビットコインの場合は少し事情が異なるのですが、ユーザーにとっては実質同じことなので説明は省きますが、既に2回分裂して現在3つが存在している状態です。

スケーラビリティ・送金遅延問題

ビットコインネットワークが一定時間に処理できるデータ量が利用者の増加、取引量の増加についていけなくなってしまう問題です。これによって送金にかなり時間がかかるようになってしまいます。決算手段としては致命的な問題です。

お店でコーヒー代支払うのに10分も待たされるとしたら? ピッと瞬時に処理できるようにならない限りはちょっと使い物になりませんよね。ビットコインが決算手段として広く普及するにはクリアしなければいけない大きな課題と言えます。この問題を改善するためには仕様変更が必要になってくるわけです。

覇権争いの問題

ビットコインによる取引を成立させているのがマイナーです。ビットコインの送金は、取引の整合性を複雑な計算によって検証、承認して台帳に記録してはじめて成功します。その際にマイナーは報酬として新規に発行されるビットコインを得られます。この作業のことをマイニングと言います。裏を返せば、マイニングが行われなければビットコインの取引は成立しません。

マイニング報酬はお金を生みます。そのインセンティブを利用して、中央管理者のいないシステムを成り立たせる設計なのです。しかし、儲かるとなれば当然、お金を求めて人が集まり覇権争いが生じます。もしごく一部の人たちがマイニングで覇権を握ったら? ビットコインの本来の設立目的は、非中央集権・お金の民主化。実は今でもすでに実態と理想の乖離に大きな矛盾が生じています。

激しい価格変動

今回のハードフォークは非常に危険だと反対している専門家の声が多数あがっています。にもかかわらずビットコイン価格はすさまじい勢いで上昇を続けています。ちょっとこの急激な上昇は大丈夫かな、と思っている人も多いのではないでしょうか。これまでもビットコインは急騰急落、価格変動だけ見ればまさしくバブルとその崩壊を繰り返してきましたと言ってもよいかもしれませんが、市場規模が小さいことと投資の素人が多いためにここまで激しく変動してしまうそうです。ここでちょっと最近の変動を振り返ってみると

今年の7月半ば、分裂騒動の影響で29万円から21万円へ25%下落。ビットコインキャッシュがビットコイン保有者に付与されることが判明して一気に値上がり、数日で30万円超え。その後9月まで上昇し続け、いっとき55万円を記録。

9月半ばに中国のICO規制、仮想通貨取引規制、そしてJPモルガンのCEOによる「ビットコインは詐欺」発言の3つが重なって急落、33万円に。40%の下落。

その後すぐに40万円にもどし、10月上旬には50万円に復活、11月1日には73万円をつけています。ハードフォークにあたって価格がどう動くのかは誰しも気になるところでしょう。

今回のハードフォークSegWit2xの問題点

11月半ばと言われているハードフォーク、簡単に言うと容量アップを行うものです。

これは戦争?!

大石哲之さんといえば仮想通貨界隈で知らぬ人はいない専門家。昨日のブログにこう書いています。

Segwit2Xのフォークが約2週間後に迫っています。多くの人は、このフォークはタダでもらえるコインが増えてお得なイベントだと捉えているようですが、実態は違います。
どちらかのチェーンの生き残りをかけた「戦争」になります。したがって、どちらかのチェーンが消滅=価格ゼロになる可能性すらあります。

大変な事態になっています。新しく派生する方(B2X)が元のビットコインを潰す狙いがあるとのこと。前2回の分裂とはまったく違う状況。

情報をチェックしたい方はこちら

ちなみにB2Xは既にBifinexで先物として取引されていて、現在1176$、0.18BTC。coinmarketcap参照

セキュリティ面の対応ができていない

本日付でコインチェックの対応が発表されました。

はじめに

SegWit2xに係る分岐について、現時点ではReplay attack対策が行われるか、また「ビットコイン」「SegWit2x」双方のブロックチェーンの存続等について明らかにされておらず、今後の動向については不透明な面を多く含んでおります。弊社ではお客様の資産の保護、またサービスの安定した提供を最優先とし、今後の状況の変化に伴い、対応を一部変更とさせていただく可能性もございます。

このリプレイ・アタック対策とは、要するに不正侵入への対策です。これがきちんと行われる可能性が低いんじゃないか、と疑問視されています。そうなったら大変なことになります。

コインチェックの対応方針 https://coincheck.com/blog/4535

  • 発生したB2Xは付与を行う予定。
  • ただし、以下の場合は付与を行わない。
    • Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
    • マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
    • 何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
    • その他、弊社においてB2Xを付与することが適切ではないと判断した場合等

付与日時について

弊社にてB2Xの安全性・安定性の確認後、付与を予定しておりますので、現時点で付与の日時は未定となります。

個人的には、この声明を見る限り、B2Xの付与って可能性としてかなり低いんじゃないかと思います。付与しないと言ってしまうと他の取引所に逃げられてしまう可能性があるので一応「付与予定」と言わざるを得ないが、当然ながら預かった資産保護の観点から付与しない可能性は十分にある。

B2Xが技術的問題をすべてクリアにできるのか、多くの専門家の疑問、というか疑念の声が上がっている現状からして無理なのではないかと思ってしまいます。

なぜなら・・・

開発者がたった一人?

実質的に開発者はジェフ・ガージック氏1人。これでは到底あり得ないと考えるのが普通でしょう。それでもマイナーが支持するのは、ハードフォークした方が稼げるようになるから。

たった1人という時点で大問題ですが、その肝心の開発者、これまでビットコインの開発に携わってきた人物なのですが、疑問視されています。

さらには・・・

事態の深刻さをほとんどのユーザーは理解していないのか価格上昇に楽観視しているものと思われます。これって、バブルそのものでは?と慎重になることも必要なこと。

大暴落の可能性

もしB2Xが正式なビットコインとなった場合には大暴落が起きる可能性が高いです。基軸通貨であるビットコインが暴落すれば他のアルトコインも大きく影響を受けて値を下げるものと予想され、市場は大混乱に陥ると予想されています。

マイナーへの権力集中

マイニングを行う企業は当然利益を追求し、より報酬をもらえる方式を選択します。今回はその流れでB2Xを支持するマイナーの方が多くなっており、本来の「非中央集権」ではなくなろうとしています。

透明性がない。非中央集権ではなくなる。

新しく派生するB2Xについては開発・運営に関する内容が不透明。ビットコインのもっとも重要な特徴といえる「非中央集権」。現在も様々な矛盾を抱えてはいますが、これがなくなればビットコインはビットコインではなくなります。

ちなみにビットコイン本来の目的を達成するためにVertcoinというアルトコインが開発されています。これについてはこちらで少しだけ触れました。

2018年に期待される注目のコイン vol.1 − Binance・Vertcoin・Ark .....
ここでは、海外の仮想通貨専門家情報をもとに2018年に向けて注目したい5つのコインを紹介します。もしかしたらなじみの薄いものばかりかもしれません。

今後の可能性

ハードフォークが起こらなかった場合・・・危機回避=問題先送り ハードフォークがいつどのように行われることになるのか

ハードフォークが行われたらどうなるのか、色々なことが言われています。

  • BTCがメインになった場合・・・どのみちスケーラビリティの問題が発生する
  • B2Xがメインになった場合・・・市場価格が大混乱。
    • BTCが大暴落する可能性、最悪は消滅?
    • そうなるとアルトコインも軒並み暴落。
    • 逆にB2Xが高騰?
    • BCH(ビットコインキャッシュ)も高騰?(既にし始めてる)
  • BCHが正当なビットコインだ!とジハンウーさんが宣言してます。

どのシナリオになるのかがまったくわかりませんが、いずれにせよ大混乱が生じそう。

で、どうしたらいいの?

ずばり、わかりません(笑)

フィアット通貨(円やドルなど)に変えておけば得も損もしないということだけは言えます。ノーリスクノーリターンなので、それで機会損失したと後になって思わないことが前提条件ですが。

ビットコインは本来の目的から違うところに向かっているのかもしれません。それは、一般化するにあたって避けられないことでもあります。ちょっと難しいですが、こちらの記事を読んでうなってしまいました。おそらく当の平野さんも今の状況にうなって書かれたのだと思います。

これまギークたちのものだったビットコイン。ですが、最近はユーザーの数も大幅に増えています。これは嬉しいことではある一方、ビットコインの大事な部分に関心がないユーザーの割合が増えることでもあります。

核の部分だけ抜粋します。

仮想通貨の浸透に伴う懸念例えば、今はSegwit2xについて議論が行われています。

しかし、これらに感心を示すユーザーが減って、プロトコルの変更や、スケーリングの議論に無関心なユーザーばかりになって、ユーザーの反対をする声が小さくなったとします。

そして、特にユーザーが反対しないので、ハッシュパワーの大きいマイナーが、それに合意、主要取引所それに従い、プロトコルが書き換えられる。

将来、そういったことも起こり得ると思っています。

むしろ、将来ではなく、今Segwit2xでそれが行われる危機感があります。

非中央集権、民主的という本来の目的があるけれども、仮想通貨が一般に浸透してユーザーが増えたときに、そこには無関心な人が大半になってくる。そうすると、ごく一部の人たちが支配してどんどん変更をかけられるようになっていく。

うーん、「民主主義」の成り立つ規模の限界を見せつけられているようです。

これは、ビットコインの未来に対して僕が最も心配していることの1つです。

僕は、2014年に、ビットコイン出会ったときから、今に至るまで、描いたビットコインの未来感はインターネット上にあるコモンプール財でした。

しかし、こうなると、コモンプール財といえるのか果たして分からなくなります。

分散型マネーの社会実験の行く末は、まだ誰にも分かりません。

まだまだ実験段階の仮想通貨。あと2週間後にいったいどうなっているのか、ユーザーである私たちも試されています。

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする