色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。
無料で仮想通貨トークンがもらえるAirDrop情報 随時更新中!
無料でICO前のトークンがもらえるAirDropを紹介しています。
たいていはETHアドレス(取引所ではなくハードウォレットなど)を用意して参加すれば無料でトークンをもらうことができます。

伝説の投資家ビル・ミラーとビットコイン投資

バリュー株投資で有名なビル・ミラー氏のヘッジファンドとビットコイン投資がニュースになっています。

「ビル・ミラーのヘッジファンドの投資先、30%がビットコイン」(英語)

参考

ビル・ミラーはウォーレン・バフェット、ピーター・リンチと並ぶ20世紀が生んだ偉大な3大投資家と称せられる。彼が運用する「バリュートラスト」は、1991年~2005年までの15年間、S&P500を上回る実績をあげて投資の世界の常識を覆した。

バリュー株」とは、現時点の株価が本来の企業価値に比べて安いと考えられる株式のこと。「割安」とも。 知名度の低い企業が多く、堅実経営を続けていても、投資家の人気が低いことが多い。

記事についてはこのあとに簡単にまとめています。タイトル通りですが、今買ってるわけではないよ、という注意書き付きです。その前に、ミラー氏、投資をあまり知らない方には「1991年~2005年までの15年間、S&P500を上回る実績をあげて投資の世界の常識を覆した。という記述にピンとこないかもしれないのでなんでそれがすごいのか簡単に紹介です。

「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の違い

「インデックスファンド」は、株価指標おおまかに言えば市場平均と同じ値動きをするようにつくられた投資信託です。S&P500はそうした指標の1つで、NY証券取引所で扱われる代表的な500銘柄で構成されてます。

「アクティブファンド」は、よりハイリターンを目指して銘柄を選定したものです。

とはいえ、「アクティブファンド」と「インデックスファンド」、実際にどちらが成績がよいかというと、一般的にはなんと「インデックスファンド」の方がよいことが多いということがデータから実証されてしまいました。もちろん、ウォーレン・バフェットのような投資の神様は長年にわたってS&P500を遥かに上回る実績をあげています。ただし、そうした投資家はごく一握り、めちゃくちゃ優秀な投資家に限られるということになります。

以下は引用です。

<米国でインデックスファンドを下回ったアクティブファンドの比率(~2005年)>

1年間:48%
3年間:68%
5年間:68%
10年間:79%
20年間:82%

引用元:バフェットの投資素人の家族に向けた遺言についての記事。投資経験のない方は読んでおくと勉強になると思います。

バフェット氏は自分の死後に備えて、妻に「資金の90%をS&P500に投資せよ」という言葉を残しています。これは誰でも安全に億万長者になれる最も合理的な投資手法です。

というわけでミラー氏の実績は驚異的、すごい人だよ、ということが言いたかっただけなのですが、その彼がビットコインについてどう評価しているかが気になるところ。

偉大な投資家間でも分かれるビットコインに対する見解

さて、ビットコイン、仮想通貨に関して、かのウォーレン・バフェット氏とビル・ミラー氏では見解が分かれているようです。バフェット氏は否定的ですが、ミラー氏は積極的に評価しています。肯定派にも否定派にも錚々たる面々が居並び、いったいどっちが本当なのかは誰にもわかりません。以下、記事に書かれていることをかいつまんで紹介します。

ビル・ミラー氏はビットコインを高く評価、ただし買っていたのは・・・

それで冒頭の記事の通り、彼のヘッジファンド、Miller Value Partner’s MVP 1の資産の30%がビットコインになったとのこと。ただ、これは今買い足したということではなく、ビットコインの価格高騰で、この12か月に資産に占める割合が5%から30%に上昇したということだそうです。

で、ミラー氏のヘッジファンドがいつビットコインを買っていたのかですが、平均購入価格が350米ドル、2014年から買い始めたとのこと。そして、今のような値段ではまったく買っていないとも述べています。購入は14年から16年の前半にかけてでしょうか。今年に入ってからはおそらく買っていないのではないかと勝手に想像します。

ミラー氏は、次の意見です。

ビットコインの市場価値はS&P500に入っている9割以上の企業よりも大きい。

ビットコインがどうなるかは誰にもわからない。

ベンチャー資本がビットコイン経済(エコシステム)に流入し、より多くの人がビットコインに触れるようになるにつれ、無価値になる可能性は小さくなっていくと信じている。

ビットコインは本物のお金のイノベーションだ。

ビル・ミラー氏の株式投資とビットコイン投資についてこちらの記事が面白いです。

ふとZUUさんのニュースを見ていたら最近本を読んだ「ビル・ミラー」の話題が出ていました。 バフェット氏らと並ぶ「三大投資家」ミラー氏、Amazon、ビットコインなどに積極投資 | ZUU online ウォーレン・バフェットがビットコインに警鐘というニュースは知っていましたが、ビル・ミラーが以前からビットコインに積極投...

で、どう動くか?

スティーブ・ジョブズの有名なスタンフォード大学でのスピーチの中に次の言葉があります。

Don’t be trapped by dogma.  – which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of other’s opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

ドグマ(教条主義)にとらわれるな。他人の考えた結果に従って生きるんじゃない。他人の意見という雑音に自分の心の声をかき消されないように。一番大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。自分が本当にはどうなりたいのか、心や直感が一番よくわかっている。他のすべては二の次だ。

以下は、あくまで私の個人的な考えですが、ビットコインが現時点でどうなるのかは誰にもわからない。誰かの言う通り、25000$になるかもしれないし、無価値になるかもしれない。絶対発展するというドグマにも、絶対破滅するというドグマにもとらわれず、両方を想定してそのときどきで自分自身で判断していく勇気が必要かと。それには仮想通貨の知識以上に、投資の大原則をきちんと学んでおく必要があると思っています。

おまけ

ジョブズの伝説のスピーチはこちらで原文&全文和訳が。英語の勉強にも素晴らしい教材。丸暗記したら色んな意味で力つきますね。

今日は、スティーブ・ジョブズのスピーチをご紹介します。2005年のスタンフォード大の卒業式のスピーチですね。 …

ここならアルトコインを安く買える

色々なアルトコインを安く買える海外取引所KuCoin, HitBTC
他の取引所である使われていないアルトコインを多く扱っているKuCoinとHitBTCを紹介しています。

仮想通貨を賢く安く買うには?

日本語対応&安く買える! 急成長の仮想通貨取引所 Binanceのすすめ
手数料が圧倒的に安い仮想通貨取引所、Binance 8月にオープン以来急成長を遂げて世界中で人気です。口座作った方がいいですね。特徴をまとめてみました。

 

仮想通貨の両替に便利なChangelly

豊富な種類の仮想通貨および米ドル、ユーロの交換が簡単にできます。

ビットクラブでマイニング投資

役に立ったらシェアしてくれたら嬉しいです!

フォローする